【知るだけでもOK】マインドフルネスで不安に強くなる!

アイキャッチ画像 こころ

【マインドフルネス】って

聞いたことありますか~?

知っておくだけでも、

人生のプラスになるおすすめの方法です!

【この記事を読むと…】

①マインドフルネスを理解・練習できる
→誰にでも襲ってくる
不安や緊張に強くなれる!

明日の発表、緊張するな…

お腹痛くなってきた…

ああだめだあああああ

なんて負の感情のループにはまる事

ありますよね…(´;_;`)

 

そんな感情を手放す方法が

マインドフルネス!

筆者はもともと極度の心配性。
心を病むほどでした…しかし今は
不安緊張に強くなりました!きっかけはこのマインドフルネス
1年間のカウンセリング研修で学んだこと。
そこが臆病人生の変化ポイントだったのです。

 

そんなこんなで

とってもおすすめのマインドフルネス!

 

不安症で寝込むほどだった私が

1年学び、実践した経験を混ぜながら

解説していきます!!

 

マインドフルネスとは

マインドフルネスとは…

自らの体験にリアルタイムで気づきを向け
受け止め、味わい、手放すことです。

最初に言っておきますと…実は

『言葉だけで理解するのは
なかなか難しい!』

なので理解しようとしなくて大丈夫です♪

私も最初全く理解できませんでした(笑)

「マインドフルネス」とは、自分の気持ちを“今、この瞬間”に意図的に向けて、現実をあるがままに知覚すること、あるいはそうした心の状態を体得するためのトレーニングを指す言葉です。
出典:weblio国語辞典

辞書にも書いてある通り、

頭で理解するものではなく

実際にトレーニングをして

体感するものなのでご安心ください!

ほう。
焦らずゆっくりいこ~♪

語源

とはいえ、

言葉の成り立ちから知ると

理解が深まるかと思いますので

語源から解説します。

 

すっ飛ばしてもOKですが

お時間あるときによかったら

読んでみてくださいね(*‘ω‘ *)

【マインドフルネスの語源】

マインドフルネス(mindfulness)は
「サティ」という仏教用語を英訳したもの。

漢字だと「念」という字に該当します。

 

はい…?(笑)

難しいですよね~(笑)

そもそもマインドフルネスは
「念」という仏教の教え。

 

それを西洋の人が「念、いいじゃん~!
西洋でもやろうよ~!」
と取り入れたそう。

その時、西洋で分かりやすいように
マインドフルネス!
という名前に
変えたというわけなのです!

 

現在のマインドフルネスは

現在マインドフルネスは

元の仏教の宗教的な要素から離れ、

ストレスに対処する方法として広まっています。

 

医療や教育の場でも心のケアに
使われていたりします!

私も職場の研修で1年習いました~

すごいね!マインドフルネス☆

マインドフルネスの方法

では実際にストレスを手放す

マインドフルネスはどうやるのか。

解説していきます!!

基本の手順

マインドフルネスの手順として

①今、現在の自分自身の体験に気付く
気付いた事を受け止める
興味を持って味わう
そして感情を手放す

という流れになります。

人は、人との関りや、仕事の問題。

温度など環境から。いい事から悪い事まで。

いろんな刺激を受けて生きています。

そして生まれてくる感情。

その刺激や感情に
強くなるためのステップです。

 

難しいので理解できなくてOK!
ここでは、そんな手順なんだ~
くらいで大丈夫ですよ♪

なんとなーく

把握しておきます!!!!

基本のやり方

では、ここからは実践編です。

『友人関係』というストレス状況を

例に手順に沿って考えてみます。

 

例:友人に遊ぶ約束を破られた。

マインドフルネスの説明

①【今、現在の自分自身の体験に気付く

「あ、今。私はAちゃんに約束を破られて

とてもイライラしているんだ!むかつく!」

→まず一度、状況に気付く事から始めます。

 

気付いた事を受け止め

③【興味を持って味わう

マインドフルネス

次に、気付いた感情を

「いま私は約束破られたことに

むかついてるんだー」

受け入れます。

 

ここで「私は短気だな~」とか

「楽しい事考えよ!!」など

新しい感情が生まれてきたら

 

「ふむふむ。

そう思っちゃったんだね~」と

その感情も受け入れてあげます。
(これがマインドフルネスでいう味わう事)


④【そして感情を手放す

マインドフルネス説明

感情を『消す』のではなく

①~③を繰り返し

『自然に消える』流れにまかせて

感情さよなら~~~していきます。

 

というのが一連の流れです。

最初はまず気付く事に挑戦するだけでOK!

 

私も慣れるまでうまくできませんでした。

しかしで繰り返し練習するうちに

穏やかでいられるように…!

 

心の筋トレみたいだね~

意識してやってみよ!

注意点

補足ですがいくつか

注意するポイントがあります。

感じた感情や刺激を…
①否定しない
②評価しない
③コントロールしない
ことが大切になってきます。
マインドフルネスの説明
私たちは生きていると常に評価や判断をしています。
「約束破る事は悪い事…」
「破ったAちゃんはひどい!」
そしてコントロールしようとします。
「Aちゃんに怒らないと気がすまない!」
などなど。
これは悪いに限らず、いい事でも。

確かに!

これは楽しい~!これは嫌だ~!

っていつの間にか考えてるよ~~~

マインドフルネスではこの

評価思考から離れていくのです。

普段しない思考方法なので

最初はやっぱり難しいものです…

もしマインドフルネスの手順の途中で
マインドフルネス方法
「この感情早くやめないと!」
「これは悪い思考だ!」
など感情が生まれてきたら

あーそう思っちゃったんだね~

マインドフルネス説明

と感情を、評価せず受け流す

練習をしてみてください♪

最初は癖がついてるから

できなくて当然だね!続けてみよう!

まとめ

 

マインドフルネスいかがだったでしょうか!

むずかしく感じませんでしたか??

 

私はいろいろ考えすぎるタイプなので

最初大苦戦しました…(笑)

 

難しいですが、習得すると

不安や恐怖への対処の仕方が

分かるようになって生きやすくなりました。

 

とってもおすすめですので

もし何かストレスになるような場面が

あったらぜひ自分の感情に気付くところから。

まずは試して見て下さい(*‘ω‘ *)

 

 

最後までありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました